孤独死のリアル

結城康博 著

「孤独死はもはや身近な問題」。地方自治体の高齢者福祉担当職を経て研究者になった著者が、経験や現場の本音をふまえて語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ ケアマネジャー時代の経験から
  • 第1章 検視医や援助職の立場から-遺体発見の現場
  • 第2章 孤独死問題はどう考えられてきたか
  • 第3章 葬儀業者や遺品整理業者からみた孤独死
  • 第4章 家族と地域社会の変容と孤独死
  • 第5章 家で亡くなる、病院で亡くなる
  • 第6章 いま、地域で独り暮らし高齢者を見守るということ
  • エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 孤独死のリアル
著作者等 結城 康博
書名ヨミ コドクシ ノ リアル
書名別名 Kodokushi no riaru
シリーズ名 講談社現代新書 2264
出版元 講談社
刊行年月 2014.5
ページ数 209p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288264-4
NCID BB1549802X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22418500
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想