愛と暴力の戦後とその後

赤坂真理 著

なぜ私たちはこんなに歴史と切れているのか?『東京プリズン』の作家がこの国の"語りえないもの"を語る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 二つの川
  • 第1章 母と沈黙と私
  • 第2章 日本語はどこまで私たちのものか
  • 第3章 消えた空き地とガキ大将
  • 第4章 安保闘争とは何だったのか
  • 第5章 一九八〇年の断絶
  • 第6章 オウムはなぜ語りにくいか
  • 第7章 この国を覆う閉塞感の正体
  • 第8章 憲法を考える補助線
  • 終章 誰が犠牲になったのか
  • エピローグ まったく新しい物語のために

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 愛と暴力の戦後とその後
著作者等 赤坂 真理
書名ヨミ アイ ト ボウリョク ノ センゴ ト ソノゴ
書名別名 Ai to boryoku no sengo to sonogo
シリーズ名 講談社現代新書 2246
出版元 講談社
刊行年月 2014.5
ページ数 301p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-06-288246-0
NCID BB15496931
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22418498
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想