解釈主義の心の哲学

金杉武司 著

現代の心の哲学で主潮流をなす広義の心脳同一説に抗し、心を因果性や法則性でなく合理性の秩序のうちに位置づける「解釈主義」の立場を擁護。解釈という観点から「命題的態度とは何か」という問いに答える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 基本的枠組み(解釈とは何か
  • 解釈主義とは何か-合理性の観点からの心の哲学)
  • 2 内在的問題と可能性(解釈可能性と言語
  • 解釈主義と消去主義
  • 解釈の不確定性
  • 解釈主義と自己知
  • 解釈主義と不合理性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解釈主義の心の哲学
著作者等 金杉 武司
書名ヨミ カイシャク シュギ ノ ココロ ノ テツガク : ゴウリセイ ノ カンテン カラ
書名別名 Interpretationism in the Philosophy of Mind

Interpretationism in the Philosophy of Mind : 合理性の観点から
出版元 勁草書房
刊行年月 2014.4
ページ数 241,13p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-326-10234-1
NCID BB15492012
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22409752
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想