ウイルス

Dorothy H.Crawford 著 ; 永田恭介 監訳

人類のウイルス観の変遷、感染のしくみ、さまざまな感染症の起源と現状、治療技術の進歩、ウイルスの地球生命圏における役割、そして私たちとウイルスとのこれからの付き合い方に関する提言まで、ウイルスの全体像を描き出す。この小さな賢い寄生体がどこから来て、本当は何がしたくて、どこへ向かうのか。それを考えることのできる一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 ウイルスとは?
  • 2 世界中ウイルスだらけ
  • 3 殺すか殺されるか
  • 4 新興ウイルス感染症
  • 5 流行と大流行
  • 6 持続感染ウイルス
  • 7 腫瘍ウイルス
  • 8 形勢逆転
  • 9 ウイルスの過去、現在、未来

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ウイルス
著作者等 Crawford, Dorothy H
永田 恭介
クローフォード ドロシー・H.
書名ヨミ ウイルス : ミクロ ノ カシコイ キセイタイ
書名別名 Viruses

ミクロの賢い寄生体

Uirusu
シリーズ名 サイエンス・パレット 016
出版元 丸善
刊行年月 2014.4
ページ数 240p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-621-08816-6
NCID BB15477518
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22410356
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想