日本人労働者の帰属意識

松山一紀 著

働く人の心から見つめ直す人的資源管理-日本人の労働観と自己実現欲求を踏まえ、働きがいのある企業組織のあり方を考察。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 日本人労働者の複雑な企業帰属意識(日本人労働者の企業帰属意識は高かったのか
  • 帰属意識とは何か)
  • 第2部 帰属意識と精神的健康(労働者の帰属性と精神的健康
  • 精神的健康とは何か
  • 日本における行動科学と自己実現思想
  • 現代日本企業社会におけるメンタルヘルス問題)
  • 第3部 個人と組織の健全な関係に向けて(帰属意識と精神的健康に関する実証的研究
  • 日本人労働者と組織の望ましい関係)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本人労働者の帰属意識
著作者等 松山 一紀
書名ヨミ ニホンジン ロウドウシャ ノ キゾク イシキ : コジン ト ソシキ ノ カンケイ ト セイシンテキ ケンコウ
書名別名 個人と組織の関係と精神的健康
シリーズ名 MINERVA現代経営学叢書 51
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.5
ページ数 255p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-623-07067-1
NCID BB15452969
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22414584
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想