二葉亭四迷

ヨコタ村上孝之 著

本名長谷川辰之助。一般には『浮雲』の作者として知られているが、大学教授、新聞記者、実業家、間諜などさまざまな顔も持つ。なぜ彼はいくつもの道を渡り歩いたのか。自己否定を繰り返し、なすべきことを求めてさまよった異形の文学者の生涯を描き出す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 「暗中模索」の出発点
  • 第2章 文学開眼
  • 第3章 実業の世界へ
  • 第4章 革命と二葉亭
  • 第5章 文壇復帰
  • 第6章 ロシアに死す

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 二葉亭四迷
著作者等 ヨコタ村上 孝之
書名ヨミ フタバテイ シメイ : クタバッテ シマエ
書名別名 くたばってしまえ

Futabatei shimei
シリーズ名 ミネルヴァ日本評伝選
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.5
ページ数 302,6p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-623-07093-0
NCID BB15436736
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22413480
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想