アフター・テレビジョン・スタディーズ

伊藤守, 毛利嘉孝 編

メディア環境の劇的な変貌を理論的に見通すために、マノヴィッチ、ハンセン、マッスミ等の重要な論考を収録するとともに、デジタル・デモクラシー、クリエイティヴ産業、アーカイヴ研究等、斬新な視点から現代の情報・メディア現象を分析したメディア研究の最新の成果。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 デジタルメディア・デモクラシー(ネットワーク文化の政治経済学
  • 批判的クリエイティヴ産業論へ
  • ポスト・マスメディア時代の"ジャーナリズム"研究
  • 現れの空間としてのメディアポリス)
  • 第2部 デジタルメディアの物質性・媒介性(カルチュラル・ソフトウェアの発明
  • メディアの理論
  • メディア論の長いまどろみ
  • デジタル・アーカイヴの時代の「理性の公的使用」)
  • 第3部 身体、情動、デジタルメディア(サイバーフェミニズム
  • レ/イ/デ/ィ/オ
  • 恐れ-スペクトルは語る
  • オーディエンス概念からの離陸)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 アフター・テレビジョン・スタディーズ
著作者等 伊藤 守
毛利 嘉孝
書名ヨミ アフター テレビジョン スタディーズ
書名別名 After Television Studies
出版元 せりか書房
刊行年月 2014.4
ページ数 330p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7967-0331-4
NCID BB15436022
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22405310
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想