民法学習の基礎

成田博 著

「常識」「あたりまえ」と思っていることが実はそうではなかったら?「口約束の拘束力」など、学生が誤解しやすい典型例について様々な角度から論じると同時に、なぜ多くの学生が勉強への熱意を持ちながら民法の理解を深められずにいるのかを、著者独特の語り口で考えるユニークな本。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 民法序説(民法典の成立とその改正
  • 民法典の構造
  • 民法の基本原理)
  • 民事責任と刑事責任(法のイメージ
  • 民事責任と刑事責任の峻別
  • 民事刑事両責任と時効
  • 被害者救済1-賠償責任の転嫁
  • 被害者救済2-損失の分散
  • 民事刑事両責任分化の歴史・略説
  • 民事責任と刑事責任の峻別批判)
  • 民事紛争の特質(紛争の存在
  • 規範の意味)
  • 契約と証明(口約束の拘束力
  • 証明について
  • 書面の意味)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 民法学習の基礎
著作者等 成田 博
書名ヨミ ミンポウ ガクシュウ ノ キソ
書名別名 Introduction to Civil Law and Legal Thinking
出版元 有斐閣
刊行年月 2014.4
版表示 第3版
ページ数 243p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-641-13677-9
NCID BB15431801
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22402474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想