看護実践にいかすエンド・オブ・ライフケア

長江弘子 編集

がん、呼吸器疾患、心疾患、腎疾患、神経難病、認知症、そして小児の病状経過を軸に、エンド・オブ・ライフケアの看護実践を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 基礎編(生活文化に即したエンド・オブ・ライフケア
  • エンド・オブ・ライフケアが必要とされる日本の社会的背景
  • エンド・オブ・ライフケアを支えるアドバンス・ケア・プランニング
  • 日本におけるエンド・オブ・ライフケアの現状と課題)
  • 実践編(エンド・オブ・ライフケア実践のための看護アプローチ
  • 病いとともに生きる人のエンド・オブ・ライフへのアプローチ
  • 看護実践にいかすエンド・オブ・ライフケア-まとめに代えて)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 看護実践にいかすエンド・オブ・ライフケア
著作者等 長江 弘子
書名ヨミ カンゴ ジッセン ニ イカス エンド オブ ライフ ケア
書名別名 Kango jissen ni ikasu endo obu raifu kea
出版元 日本看護協会出版会
刊行年月 2014.3
ページ数 184p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-8180-1818-1
NCID BB15430922
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22466492
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想