市民社会の成熟と国際関係

山本武彦 編

[目次]

  • 序章 市民社会の成熟と国際関係-シビル・ガバナンスとグローバル・ガバナンスを繋ぐもの
  • 第1章 トランスナショナル唱導ネットワーク(TAN)の限界-「ブーメラン効果」に対抗する
  • 第2章 市民社会とマイノリティ-欧州の経験から
  • 第3章 臓器移植にみるグローバル市民社会-渡航移植と病気腎移植を例に
  • 第4章 紛争後平和構築における市民社会アクターの活動と機能-東ティモールを事例に
  • 第5章 マレーシア市民社会の萌芽と成熟-開発体制と民主化をめぐる政治過程
  • 第6章 ジェンダーの視点は政治(学)を変えられるのか?
  • 第7章 北欧の市民社会-ノルウェーにおけるNGO
  • 第8章 韓国外交政策決定過程と市民社会の影響-日韓関係を中心に
  • 第9章 「地域からの国際化」再考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市民社会の成熟と国際関係
著作者等 山本 武彦
書名ヨミ シミン シャカイ ノ セイジュク ト コクサイ カンケイ
シリーズ名 早稲田大学現代政治経済研究所研究叢書 / 早稲田大学現代政治経済研究所 企画・監修 39
出版元 志學社
刊行年月 2014.3
ページ数 249p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-904180-39-6
NCID BB15423541
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22402486
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想