天下統一

藤田達生 著

織田信長の上洛から二〇年、豊臣秀吉により天下は統一された。集権化や実力主義を推進した信長と秀吉の政策はまさに「革命」であり、他の戦国武将と一線を画していたのである。本書はさらに、足利と織田、そして織田と豊臣の各政権が併存したことを指摘しつつ、軍事革命にともなうスペイン・ポルトガルの東アジア進出といった世界史的視野からも戦国日本を捉え直す。旧来のイメージを大胆に覆し、「革命」の本質に迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 天下統一を問い直す
  • 第1部 織田信長の天下(室町幕府の復興
  • 二重政権-鞆幕府と安土幕府
  • 黎明期の革命)
  • 第2部 豊臣秀吉の仕置(天下分け目の戦い-小牧・長久手合戦
  • 西国平定戦と集権国家
  • 東国・奥羽平定戦と天下統一)
  • 天下統一がもたらしたもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 天下統一
著作者等 藤田 達生
書名ヨミ テンカ トウイツ : ノブナガ ト ヒデヨシ ガ ナシトゲタ カクメイ
書名別名 信長と秀吉が成し遂げた「革命」

Tenka toitsu
シリーズ名 中公新書 2265
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.4
ページ数 294p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102265-3
NCID BB15380904
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22422488
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想