うわさとは何か

松田美佐 著

デマ、流言、ゴシップ、口コミ、風評、都市伝説…。多様な表現を持つうわさ。この「最古のメディア」は、トイレットペーパー騒動や口裂け女など、戦後も社会現象を巻き起こし、東日本大震災の際も大きな話題となった。事実性を超えた物語が、人々のつながり=関係性を結ぶからだ。ネット社会の今なお、メールやSNSを通じ、人々を魅了し、惑わせるうわさは、新たに何をもたらしているのか。人間関係をうわさから描く意欲作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 うわさの影響力
  • 第2章 うわさを考える-「古典」を繙く
  • 第3章 都市伝説の一世風靡-1980〜90年代
  • 第4章 人と人をつなぐうわさ・おしゃべり
  • 第5章 メディアとの関係-ネットとケータイの普及のなかで
  • 第6章 ネット社会のうわさ-2010年代の光景

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 うわさとは何か
著作者等 松田 美佐
書名ヨミ ウワサ トワ ナニカ : ネット デ ヘンヨウ スル モットモ フルイ メディア
書名別名 ネットで変容する「最も古いメディア」
シリーズ名 中公新書 2263
出版元 中央公論新社
刊行年月 2014.4
ページ数 262p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-12-102263-9
NCID BB15379971
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22423130
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想