違和感から始まる社会学

好井裕明 著

スマホを手放せない私たちの身体は社会をどう変えるのか?

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 日常性をどう考えるか
  • フィールドワークをすること
  • 「あたりまえ」を疑い、見直すということ
  • 日常性のフィールドワークをめぐる旅
  • 日常生活批判のフィールドワークへ
  • 魅力的なモノグラフを味わおう
  • 質的調査方法論テキストの使い方

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 違和感から始まる社会学
著作者等 好井 裕明
書名ヨミ イワカン カラ ハジマル シャカイガク : ニチジョウセイ ノ フィールドワーク エノ ショウタイ
書名別名 日常性のフィールドワークへの招待

Iwakan kara hajimaru shakaigaku
シリーズ名 光文社新書 690
出版元 光文社
刊行年月 2014.4
ページ数 277p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-334-03793-2
NCID BB15377455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22404942
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想