家族・集落・女性の底力

徳野貞雄, 柏尾珠紀 著

「限界集落」といわれながらも、人々がそこに暮らし、これからも住み続けたいと願うのはなぜか。「T型集落点検」と「ライフヒストリーの聞きとり」により、農山村の人々とその人間関係の底力を浮かび上がらせ、ムラとマチが結びつく新しい家族と集落のあり方を大胆に提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 現代の家族と集落をどうとらえるか(限界集落論から集落変容論へ-修正拡大集落の可能性
  • 「超限界集落」における集落の維持・存続-熊本県多良木町槻木地区の事例から
  • 現代農山村分析のパラダイム転換-「T型集落点検」の考え方と実際
  • 南西諸島の高出生率にみる生活の充足のあり方-沖永良部島和泊町の生活構造分析から)
  • 第2部 地域における女性の力(農の世界の女性たち-農家の嫁、新規就農者、農家の娘
  • そこにある生産手段を生かす-ライフステージと生産活動
  • 地域資源を生かす知恵と技術とネットワーク
  • 女性が創る暮らしのデザイン-暮らし力の高さがつくる地域の豊かさ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 家族・集落・女性の底力
著作者等 徳野 貞雄
柏尾 珠紀
書名ヨミ カゾク シュウラク ジョセイ ノ ソコジカラ : ティーガタ シュウラク テンケン ト ライフ ヒストリー デ ミエル : ゲンカイ シュウラクロン オ コエテ
書名別名 T型集落点検とライフヒストリーでみえる : 限界集落論を超えて
シリーズ名 シリーズ地域の再生 11
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2014.4
ページ数 348p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-540-09224-4
NCID BB15368501
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22433263
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想