音楽史と音楽論

柴田南雄 著

音楽は人類史上いかに変遷してきたか。我々の音楽的感性の母胎である日本や東洋諸国の音楽の様相を探究し、その系譜と本質とを明らかにすること抜きには、西洋音楽の歴史を学ぶことはできないのではないか。本書はその問題意識に立って、縄文時代の楽器の考察から始まって、日本を軸に東洋・西洋音楽史を共時的に比較する。現代の世界音楽を非西欧音楽と西洋古典音楽が融合した音として描き出す。傑出した音楽的知性が果たし得た画期的試み。実作と理論活動のエッセンスを凝縮した力作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 外来音楽と日本人
  • 音楽文化の深層を探る
  • 祭祀の音楽
  • 制度化と学習
  • 芸術音楽の胎動期
  • 諸国を行脚する音楽
  • ルネサンス
  • キリシタン音楽
  • 東と西のバロック音楽
  • 古典派=ロマン派
  • 両大戦の状況
  • 第二次大戦後の作曲界
  • 第二次大戦後の演奏界
  • 未来の展望

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽史と音楽論
著作者等 柴田 南雄
書名ヨミ オンガクシ ト オンガクロン
シリーズ名 学術 310
岩波現代文庫 310
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.4
ページ数 273,14p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-600310-4
NCID BB15368181
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22411242
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想