科学史・科学論

柴田和子 著

[目次]

  • 第1章 サイエンスとは何か
  • 第2章 万有引力発見までの道-2000年のあゆみ
  • 第3章 近代化学の誕生-ラヴォワジエの果たした役割を中心に
  • 第4章 現代物理学の成果-20世紀前半の躍進
  • 第5章 科学の社会学-公害・薬害問題
  • 第6章 科学的精神の開拓-無知の知からの再出発

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 科学史・科学論
著作者等 柴田 和子
書名ヨミ カガクシ カガクロン : カガク ギジュツ ノ ホンシツ オ カンガエル : カガク オ リカイ シテ イカス タメ ニ : チ ノ カチ ニ メザメテ ニンゲン ノ ソンゲン オ サイニンシキ スル タメ ニ
書名別名 The Historical and Philosophical Study of Science

The Historical and Philosophical Study of Science : 科学技術の本質を考える : 科学を理解して活かすために : 知の価値に目覚めて人間の尊厳を再認識するために

Kagakushi kagakuron
出版元 共立
刊行年月 2014.4
ページ数 271p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-320-00593-8
NCID BB15356637
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22403225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想