風流天子と「君主独裁制」

藤本猛 著

文人皇帝の徽宗が、為政者として目指したものは何であったのか。宋代「君主独裁制」の再考を迫る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 崇寧五年正月の政変-蔡京の第一次当国と対遼交渉
  • 第2章 妖人・張懐素の獄
  • 第3章 政和封禅計画の中止
  • 第4章 徽宗朝の殿中省
  • 第5章 北宋末の宣和殿-皇帝徽宗と学士蔡〓(ゆう)
  • 第6章 宋代の転対・輪対制度
  • 第7章 「武臣の清要」-南宋孝宗朝の政治状況と閤門舎人

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 風流天子と「君主独裁制」
著作者等 藤本 猛
書名ヨミ フウリュウ テンシ ト クンシュ ドクサイセイ : ホクソウ キソウチョウ セイジシ ノ ケンキュウ
書名別名 北宋徽宗朝政治史の研究
シリーズ名 プリミエ・コレクション 50
出版元 京都大学学術出版会
刊行年月 2014.3
ページ数 510p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-87698-474-9
NCID BB15351473
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22403439
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想