これでもがん治療を続けますか

近藤誠 著

日本のがん検診・治療は患者ではなく医者のために行なわれている-これが著者の最終結論。"最新療法"に騙されてはいけない。命と健康を守るには、断片的な情報にすがるより、がんの基本的なしくみを理解する方がはるかに大事だとわかりやすく説く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • はじめに-がんの真実を求めて40年(縦割り主治医制度の弊害を痛感
  • アメリカ留学で学んだこと ほか)
  • 1 死因はがんではなくがん治療(がんに関する誤った通説と放置療法
  • 胃がんの外科医でもあったBさんの選択 ほか)
  • 2 がんの転移と浸潤のしくみ(「本物のがん」と「がんもどき」のちがい
  • 「がんもどき理論」への批判に答える ほか)
  • 3 患者よりも医者のための"最新"治療(がん手術の歴史
  • リンパ節郭清のまやかし ほか)
  • まとめ-日本のがん治療の現状と将来(歪められた「がん告知」
  • 抗がん剤産業のインチキ ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 これでもがん治療を続けますか
著作者等 近藤 誠
書名ヨミ コレデモ ガン チリョウ オ ツズケマスカ
シリーズ名 文春新書 966
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.4
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660966-6
NCID BB15348107
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22404957
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想