越境大気汚染の物理と化学

藤田慎一, 三浦和彦, 大河内博, 速水洋, 松田和秀, 櫻井達也 共著

越境大気汚染物質の正体は?大気の構造と運動の仕組みは?雲ができる仕組みと特徴は?大気汚染物質が除去される仕組みは?大気汚染物質の地球上の広がりは?物理と化学のエキスパート6名が執筆。正しい知識を学ぶ、待望のテキスト完成。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 越境大気汚染とは
  • 発生源と排出量
  • 大気(気体)の化学
  • 大気の物理1(気象)
  • 大気の物理2(移流・拡散)
  • 粒子の物理
  • 粒子の化学
  • 雲の物理
  • 雲の化学
  • 乾性沈着
  • 湿性沈着
  • 広域輸送

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境大気汚染の物理と化学
著作者等 三浦 和彦
大河内 博
松田 和秀
櫻井 達也
藤田 慎一
速水 洋
書名ヨミ エッキョウ タイキ オセン ノ ブツリ ト カガク
書名別名 The Physics and Chemistry of Trans-boundary Air Pollution

Ekkyo taiki osen no butsuri to kagaku
出版元 成山堂書店
刊行年月 2014.4
ページ数 247p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-425-51361-1
NCID BB15345197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22402692
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想