徳川制度  中

加藤貴 校注

江戸の町の実相を記録した歴史実録書。中巻には、山の手と下町でちがう寺子屋をはじめ、秘密結社的存在ともいうべき虚無僧、富籤興行、吉原、岡場所、娼妓、若衆など社会・風俗に関するもの、江戸城年始の儀礼を記した年始登城、下馬評、礼服、駕籠、乗物など武家社会に関するものを収録する。詳細な注釈を付す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 社会と風俗(寺子屋
  • 三拾三間堂の由緒(続編)
  • 勧進能
  • 富籤興行
  • 瞽盲の社会 ほか)
  • 江戸城と武家社会(年始登城
  • 二十八日
  • 城中の御能
  • 下馬評
  • 礼服 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 徳川制度
著作者等 加藤 貴
書名ヨミ トクガワ セイド
シリーズ名 岩波文庫 33-496-2
巻冊次
出版元 岩波書店
刊行年月 2015.2
ページ数 620p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-334962-5
NCID BB15344569
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22547881
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想