「ストーカー」は何を考えているか

小早川明子 著

五百人ものストーキング加害者と向き合い、カウンセリングなどを行ってきた著者が、彼らの思考パターンと危険度、実践的対応を多くの事例とともに解き明かす。今や「ストーカー」をめぐるトラブルは年間二万件。なぜ彼らは常識を踏み外すのか、警察は後手に回るのか、その時どう対処すればいいのか-老若男女を問わず、誰もが当事者となりうる時代の必読書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 なぜストーキングするのか-現代社会の諸相
  • 第2章 女性ストーカーは男性とどう違うのか-異なる傾向と対応
  • 第3章 タイプと病態をどう選別するか-「依存症」と「病気」の狭間で
  • 第4章 危険度をどう見分けるか-行動レベルと心理レベルの三段階
  • 第5章 警察の対応はなぜ後手に回るのか-民事と刑事の境界で
  • 第6章 カウンセリングはどう行われるか-「ヒューマニティ」の方法論
  • 第7章 個人と社会はどう対応すべきか-ストーカー問題への実践と提言

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「ストーカー」は何を考えているか
著作者等 小早川 明子
書名ヨミ ストーカー ワ ナニ オ カンガエテ イルカ
シリーズ名 新潮新書 567
出版元 新潮社
刊行年月 2014.4
ページ数 213p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610567-8
NCID BB15341855
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22404114
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想