海外戦没者の戦後史

浜井和史 著

アジア太平洋戦争の海外戦没者約二四〇万人のうち、日本に戻った遺骨は約半数しかない。「空の遺骨箱」が届き戸惑う遺族に政府はどう向き合い、遺骨収容や現地慰霊を行ってきたのか。「終わらぬ戦後」の原点を見つめ直す。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 戦後日本と海外戦没者-プロローグ
  • 大日本帝国の崩壊と海外戦没者
  • 遺骨帰還の実現に向けて
  • 一九五〇年代「遺骨収集団」の派遣
  • 遺骨の帰る場所
  • 「終わらぬ戦後」の象徴として-エピローグ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 海外戦没者の戦後史
著作者等 浜井 和史
書名ヨミ カイガイ センボツシャ ノ センゴシ : イコツ キカン ト イレイ
書名別名 遺骨帰還と慰霊
シリーズ名 歴史文化ライブラリー 377
出版元 吉川弘文館
刊行年月 2014.5
ページ数 231p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-642-05777-6
NCID BB15340670
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22407754
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想