働かないオジサンの給料はなぜ高いのか

楠木新 著

会社の人事評価に理不尽さを感じ、不満を持つ人は多い。働かないオジサンが高給を取る一方で、仕事に追われる中堅や若手が安月給で使われていたりする。なぜ、このように不条理に思える事態が生じるのか。大手企業で人事畑を歩いてきた現役の社員が、日本企業の人事評価のメカニズムを丁寧に解きほぐす。併せて、人事評価とサラリーマンのキャリアの望ましいあり方についても提言する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オジサンは「同士」を求めている
  • 第2章 「同期」が成果主義を阻む
  • 第3章 若い頃は、常に上司の期待を上回れ
  • 第4章 偉くなる人とうまくやれる人が偉くなる
  • 第5章 「働かないオジサン」はどうすればいいのか
  • 第6章 「終身雇用の正社員」だけが正解じゃない
  • 第7章 自分が働く会社の出世メカニズムを知れ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 働かないオジサンの給料はなぜ高いのか
著作者等 楠木 新
書名ヨミ ハタラカナイ オジサン ノ キュウリョウ ワ ナゼ タカイ ノカ : ジンジ ヒョウカ ノ シンジツ
書名別名 人事評価の真実
シリーズ名 新潮新書 565
出版元 新潮社
刊行年月 2014.4
ページ数 219p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-10-610565-4
NCID BB15340058
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22404116
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想