マスコミュニケーションの新時代

小田原敏, アンジェロ・イシ 編著

20世紀に電子メディアが登場、普及し、瞬く間に社会や個人へと広がりをみせたが、20世紀末にインターネットが普及し始め、それまでのマスコミュニケーション状況を相対化し始めた。20世紀の大衆(マス)は現代までどう変化してきたのか、20世紀のマスメディアは、ネットによる相対化で何を浮き彫りにしているのか、社会全体のマスコミュニケーションをどうとらえなおすのか、を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 マスコミュニケーションを担う人々-プロフェッショナリズムとアマチュアリズム
  • 第2章 マスコミとどう向きあうか-メディアコンテンツをどう見るのか
  • 第3章 テレビジャーナリズムの昨日と今日-マスメディアと大衆の乖離
  • 第4章 インターネットとジャーナリズム-誰でもニュースを伝えられる時代のメディアのありかた
  • 第5章 音楽聴取の個人化-ウォークマンとiPodが象徴するもの
  • 第6章 デジタルメディア社会における広告の展開
  • 第7章 テクノロジーとメディア
  • 第8章 ブラジルから考えるメディアの「グローバルとローカル」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マスコミュニケーションの新時代
著作者等 Ishi, Angelo
中橋 雄
南田 勝也
奥村 信幸
小玉 美意子
小田原 敏
山下 玲子
永田 浩三
イシ アンジェロ
書名ヨミ マス コミュニケーション ノ シンジダイ
シリーズ名 叢書現代の社会学とメディア研究 第4巻
出版元 北樹
刊行年月 2014.4
ページ数 142p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7793-0422-4
NCID BB15331986
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22407372
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想