面白くて眠れなくなる生物学

長谷川英祐 著

生命の誕生はただ一度の奇跡、植物はなぜ緑色?超個体の誕生、脳とアリは似ている、ヒトもミツバチも鬱になる…。教科書では教えてくれない生物のはなし。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 生物は合理的にふるまう(生命の誕生はただ一度の奇跡
  • 伝わらないものは残らない
  • 生物は合理的にできている ほか)
  • 2 誰かに話したくなる生物のはなし(植物はなぜ緑色?
  • 細胞は協力しあう
  • ハチはなぜ協力するのか? ほか)
  • 3 面白くて眠れなくなる生物学(アリはバカなのになぜ一番良いものを選べる?
  • 脳とアリは似ている
  • ヒトもミツバチも鬱になる ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 面白くて眠れなくなる生物学
著作者等 長谷川 英祐
書名ヨミ オモシロクテ ネムレナク ナル セイブツガク
書名別名 Omoshirokute nemurenaku naru seibutsugaku
出版元 PHPエディターズ・グループ : PHP研究所
刊行年月 2014.4
ページ数 222p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-569-81745-3
NCID BB15331385
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22392592
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想