近居

大月敏雄, 住総研 編著

子育てや介護の自然な選択肢、家族が地域に住む時代へ。これからの政策、計画の目標として、近居も選択できる住宅地や住宅のあり方を考える。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 近居の意義
  • 1部 近居の現状と課題(近居の広がりを捕捉する
  • 近居の広がりと必要とされる住宅供給のあり方-桜川市を例に
  • 近居の親子関係と暮らしから見た住宅計画 ほか)
  • 2部 自治体の取り組み(神奈川県-多世代近居のまちづくり
  • 神戸市-近居・同居支援の取り組み
  • 四日市市-子育て世帯の郊外モデル団地への住み替え支援 ほか)
  • 3部 「住宅に住む」から「地域に住む」時代へ(近居をめぐる議論をふりかえる
  • 高齢者支援の視点からみたサポート居住と準近居
  • ネットワーク居住から見た多世代・多世帯居住と生活援助 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 近居
著作者等 住総研
大月 敏雄
書名ヨミ キンキョ : ショウシ コウレイ シャカイ ノ スマイ チイキ サイセイ ニ ドウ イカスカ
書名別名 少子高齢社会の住まい・地域再生にどう活かすか

Kinkyo
シリーズ名 住総研住まい読本
出版元 学芸出版社
刊行年月 2014.3
ページ数 182p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-7615-1337-5
NCID BB15328700
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22397465
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想