サンカの民と被差別の世界

五木寛之 著

「著者のことば」私は、隠された歴史のひだを見なければ、"日本人のこころ"を考えたことにはならないと思っています。今回は「家船」漁民という海の漂泊民から「サンカ」という山の漂泊民へ、そして、日本人とは何かという問題まで踏みこむことになりました。それは、これまでに体験したことのなかった新しいことを知り、自分自身も興奮させられる旅でした。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 海の漂泊民、山の漂泊民(海を住処とする「家船」の人びと
  • 幻の「サンカ」を求めて
  • 漂泊者の思想とその豊饒な文化)
  • 第2部 東都の闇に生きた被差別の民(「浅草弾左衛門」と呼ばれた賎民の王
  • 生と死、聖と賎、美と醜の境界
  • 「フーテンの寅さん」への憧れ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 サンカの民と被差別の世界
著作者等 五木 寛之
書名ヨミ サンカ ノ タミ ト ヒサベツ ノ セカイ
シリーズ名 隠された日本 中国・関東
ちくま文庫 中国・関東
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.4
ページ数 295p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-43171-4
NCID BB15327752
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22444087
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想