人類進化700万年の物語

チップ・ウォルター 著 ; 長野敬, 赤松眞紀 訳

地球上に直立歩行をする最初期のヒトが出現して以来、20種以上もの人類が現れては消え、そして、私たちだけが残った。華奢な身体とひきかえに、数々の利点を手に入れた現生人類は、自然界の厳しい環境をいかにして生き延びたのか?私たちと、今はもう存在しない祖先や隣人たちの足跡に新たな光を当てる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 存続を賭けた戦い
  • 第2章 幼少期という発明(または、なぜ出産で痛い思いをするのか)
  • 第3章 学習機械
  • 第4章 絡み合った網-道徳的な類人猿
  • 第5章 そこかしこにいる類人猿
  • 第6章 いとこたち
  • 第7章 野獣の中の美女たち
  • 第8章 頭の中の声
  • 終章 次の人類

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 人類進化700万年の物語
著作者等 Walter, Chip
赤松 真紀
長野 敬
ウォルター チップ
書名ヨミ ジンルイ シンカ ナナヒャクマンネン ノ モノガタリ : ワタクシタチ ダケ ガ ナゼ イキノコレタ ノカ
書名別名 LAST APE STANDING

私たちだけがなぜ生き残れたのか
出版元 青土社
刊行年月 2014.4
ページ数 282,24p 図版16p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7917-6773-1
NCID BB15327650
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22393210
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

Yahoo!ブックマークに登録
この記事をクリップ!
Clip to Evernote
このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想