バルト三国の歴史

アンドレス・カセカンプ 著 ; 小森宏美, 重松尚 訳

今日、エストニア、ラトヴィア、リトアニアとなっている領域で、氷河時代から現在までの間に起きた出来事とその流れの通史。近代政治史に焦点を合わせて、同じ分量を三国それぞれについて記述に割き、基幹民族(それぞれの国でのエストニア人、ラトヴィア人、リトアニア人)を主人公としながら、同時に、この領域に居住したすべての人びとの歴史的痕跡へも注意が払われている。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 ヨーロッパ最後の多神教の民
  • 第2章 リトアニアの拡大と中世リヴォニア-一二九〇〜一五六〇
  • 第3章 ポーランド・リトアニア「共和国」とスウェーデンおよびロシアの勃興-一五六一〜一七九五
  • 第4章 専制下での長い十九世紀-一七九五〜一九一七
  • 第5章 短い独立時代-一九一七〜一九三九
  • 第6章 前門の虎、後門の狼-一九三九〜一九五三
  • 第7章 ソヴィエト体制の下で-一九五三〜一九九一
  • 第8章 西への回帰-一九九一〜二〇一二

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バルト三国の歴史
著作者等 Kasekamp, Andres
小森 宏美
重松 尚
カセカンプ アンドレス
書名ヨミ バルト サンゴク ノ レキシ : エストニア ラトヴィア リトアニア セッキ ジダイ カラ ゲンダイ マデ
書名別名 A HISTORY OF THE BALTIC STATES

エストニア・ラトヴィア・リトアニア石器時代から現代まで

Baruto sangoku no rekishi
シリーズ名 世界歴史叢書
出版元 明石書店
刊行年月 2014.3
ページ数 381p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7503-3987-0
NCID BB15324754
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22399783
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想