ひとり親家庭

赤石千衣子 著

日本社会において、ひとり親であるとはどのような状況なのか。なぜこうも生きづらいのか。彼女/彼らの苦境を放置することによって、この社会がこうむる影響とは何か。自らもシングルマザーとして三〇年以上、当事者に寄り添いつづけてきた著者が、現状の課題を整理し、ひとりで子どもを育てる人々の生活を豊かにする道筋を提起する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 ひとり親家庭の現在
  • 2章 私たちも「ひとり親」
  • 3章 スタートラインからの不利-ひとり親の子どもたち
  • 4章 女性の貧困が子どもの貧困を招く
  • 5章 パイが拡大しないひとり親支援
  • 6章 求められる支援を考える

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ひとり親家庭
著作者等 赤石 千衣子
書名ヨミ ヒトリオヤ カテイ
書名別名 Hitorioya katei
シリーズ名 岩波新書 新赤版 1481
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.4
ページ数 249,5p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-00-431481-3
NCID BB1532462X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22413637
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想