資本主義から市民主義へ

岩井克人 著 ; 三浦雅士 聞き手

貨幣は貨幣だから貨幣なのだ。貨幣を根拠づけるものはただ貨幣だけ。言語・法・貨幣の、社会と人間を貫く自己循環論法こそが、恐慌も生めば、自由をももたらす。それを踏まえて、われわれはどのような市民社会を構想すべきか。資本主義を超えて、来たるべき市民主義とはいかなるものか。貨幣論に始まり、資本主義論、法人論、信任論、市民社会論、人間論、そして倫理論まで、経済学や社会哲学を縦横に論じつつわかりやすく解説。次代の社会像を示す!

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 貨幣論
  • 第2章 資本主義論
  • 第3章 法人論
  • 第4章 信任論
  • 第5章 市民社会論
  • 第6章 人間論
  • 補章 倫理論

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 資本主義から市民主義へ
著作者等 三浦 雅士
岩井 克人
書名ヨミ シホン シュギ カラ シミン シュギ エ
シリーズ名 ちくま学芸文庫 イ1-5
出版元 筑摩書房
刊行年月 2014.4
ページ数 330p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-480-09619-7
NCID BB1531768X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22445398
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想