未来を拓く施設養護原論

北川清一 著

本書は、社会福祉制度の中核的機能を担ってきた施設養護に着目し、ソーシャルワーカーアイデンティティの構築とソーシャルワーク原則を組み入れた施設養護としての実践指針の取りまとめを企図して執筆されたものである。施設養護としての実践環境を整え、現状を乗り越えるために求められるものは何か。「越境」概念を含み込んだソーシャルワークに支えられた思考の枠組みを手がかりに、この問いへの答えを試みた一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ソーシャルワーク実践としての施設養護を展望する
  • 施設養護論から児童養護施設のソーシャルワーク論へ-その前提的枠組み
  • 施設養護とは-養護の語源から考える
  • 施設養護の成立過程-先覚者の知恵と実践から学ぶ
  • 児童養護施設実践の共通基盤を生成する「思考の回路」
  • ソーシャルワークとクリティカルな眼差し
  • 児童養護施設実践としてのソーシャルワーク-状況論的アプローチ試論
  • 児童養護施設実践の基本原則-実践指針と支援的態度
  • 「グループワークは死んだ」のか-児童養護施設実践とグループワークへの新たな期待
  • 児童養護施設実践に求められる施設運営論〔ほか〕

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 未来を拓く施設養護原論
著作者等 北川 清一
書名ヨミ ミライ オ ヒラク シセツ ヨウゴ ゲンロン : ジドウ ヨウゴ シセツ ノ ソーシャル ワーク
書名別名 児童養護施設のソーシャルワーク
シリーズ名 新・MINERVA福祉ライブラリー 18
出版元 ミネルヴァ書房
刊行年月 2014.3
ページ数 253p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-623-07062-6
NCID BB15313521
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22391225
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想