NAFLD/NASH診療ガイドライン  2014

日本消化器病学会 編集

[目次]

  • 第1章 疫学(NAFLD/NASHの有病率はどのくらいか?年齢分布は?
  • NAFLD/NASHの有病率、予後の性差は? ほか)
  • 第2章 病態(NAFLD/NASHの病因は?
  • アルコール性肝障害とNAFLD/NASHの病態の類似点は? ほか)
  • 第3章 診断(NAFLD/NASHを疑う症状・身体所見は?
  • NAFLD/NASHと診断するための飲酒歴の基準は? ほか)
  • 第4章 治療(体重減少はNAFLD/NASHに有効か?
  • NAFLD/NASHの改善に勧められる食事内容は? ほか)
  • 第5章 予後・合併症(NAFLD/NASHは生命後予後に影響するか?その死因は?
  • NAFLD/NASHにおいて、心血管イベントの発症は高率か? ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 NAFLD/NASH診療ガイドライン
著作者等 日本消化器病学会
日本肝臓学会
書名ヨミ ナッフルド ナッシュ シンリョウ ガイドライン
巻冊次 2014
出版元 南江堂
刊行年月 2014.4
ページ数 139p
大きさ 26cm
ISBN 978-4-524-26558-9
NCID BB15305341
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22401545
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想