見えない世界の物語

大澤千恵子 著

児童文学の一分野であったファンタジーが、大人をも魅了している。「ハリー・ポッター」シリーズ、『指輪物語』『となりのトトロ』…。宗教的な神話や伝説、昔話などが、近代以降どのように物語として再生したのか。『アラビアン・ナイト』から、ペロー、グリム兄弟、アンデルセンを経て現代の「ナルニア」シリーズに至るまでを分析し、ファンタジーに潜む宗教的なものの源泉をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 宗教・子ども・ファンタジー
  • 1章 児童文学の宗教性
  • 2章 現実を超えた物語の誕生と展開
  • 3章 運命の女神から妖精へ-フランスで生まれた妖精物語
  • 4章 妖精物語からメルヒェンへ-ドイツの子ども向けの教育的物語
  • 5章 物語にみるキリスト教的価値理念とその変容-ペローからグリムへ
  • 6章 「子ども」と「ファンタジー」の宗教性-アンデルセン童話の登場
  • 7章 イギリス児童文学の中のアルカディア
  • 8章 宮崎駿のアニメーション映画が語るもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 見えない世界の物語
著作者等 大澤 千恵子
書名ヨミ ミエナイ セカイ ノ モノガタリ : チョウエツセイ ト ファンタジー
書名別名 超越性とファンタジー
シリーズ名 講談社選書メチエ 573
出版元 講談社
刊行年月 2014.4
ページ数 251p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-06-258576-7
NCID BB15305170
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22402074
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想