驚きの江戸時代

高尾善希 著

仮病でサボることこそ仕事のできる男の証!?殿様の日常は家臣に監視されがんじがらめ!?江戸には火事を待ち望むひとが大勢いた!?回顧録の記述の中から、幕末維新期における人びとの意識の有り様を探る。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 時代とひと(変革期の意識
  • 尊王攘夷の転変
  • 維新期の身分意識 ほか)
  • 第2部 支配とひと(儀礼と"身体"
  • 儀礼の中の非儀礼
  • 「表」と「奥」 ほか)
  • 第3部 社会とひと(大名家の生活と規則
  • 武士の生活と体面
  • お辞儀 ほか)
  • 第4部 江戸とひと(火災
  • 江戸東京人の生活圏
  • 江戸地域論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 驚きの江戸時代
著作者等 高尾 善希
書名ヨミ オドロキ ノ エド ジダイ : メツケ ワ チョッカク ニ マガッタ
書名別名 目付は直角に曲がった
出版元 柏書房
刊行年月 2014.4
ページ数 357p
大きさ 20cm
ISBN 978-4-7601-4351-1
NCID BB15288617
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22418400
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想