十六世紀ドイツにおける宗教紛争と言論統制

蝶野立彦 著

「宗教的な自由・自治の追求」として始まったドイツの宗教改革は16世紀半ば以後の宗教対立の激化のなかで「統治権力による管理・統合のシステム」に組み込まれていった。宗教紛争の下での「神学者たちの言論・プロパガンダ活動」に着目し、そこで用いられた様々な「情報媒体」そして「言論や情報媒体が及ぼした社会的・政治的作用」と「それに対する統治権力の側の対応」に光を当て、歴史的変化のメカニズムを解明する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 研究史的概観と問題点の整理-「宗教改革と宗派化」「神学論争と都市紛争」「大衆的情報伝達と公共性(公共圏)」
  • 第1部 反"仮信条協定"の闘い(一五四八年〜一五五一年)とマクデブルクの神学者たち(都市マクデブルクと反"仮信条協定"プロパガンダ-反"仮信条協定"の闘い(一五四八年〜一五五一年)を支えた情報環境と言論構造
  • 都市マクデブルクの闘いと"神学者たちの言論"の政治的機能-シュマルカルデン同盟、皇帝への抵抗、帝国の諸公共圏
  • 仮信条協定に対する神学者たちの闘い-「政治的和平」に対する「宗教」の側からの異議申し立て)
  • 第2部 十六世紀後半のドイツ・プロテスタント地域における宗教紛争と言論統制(宗教的一致から言論統制へ-プロテスタントの内部分裂がもたらした「危機」とプロテスタント諸侯による「宗教的一致」の試み
  • 神学者たちと都市紛争-"神学者たちの言論"が都市社会に及ぼした影響と統治権力の対応
  • 神学者たちによる「言論の自由」の主張とその政治的・制度的帰趨-"神学者たちの言論"をめぐる「自由」と「管理」の弁証法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 十六世紀ドイツにおける宗教紛争と言論統制
著作者等 蝶野 立彦
書名ヨミ ジュウロクセイキ ドイツ ニ オケル シュウキョウ フンソウ ト ゲンロン トウセイ : シンガクシャタチ ノ ゲンロン カツドウ ト コウテイ ショコウ トシ
書名別名 神学者たちの言論活動と皇帝・諸侯・都市
出版元 彩流社
刊行年月 2014.2
ページ数 738,19p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7791-1986-6
NCID BB15271873
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22381233
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想