社会保障費用統計の理論と分析

西村周三 監修 ; 国立社会保障・人口問題研究所 編

OECD/ILO両基準統計の定義・構成を実務担当者らが解説した決定版!さらに、少子高齢化、財政、雇用、女性・家族問題など重要課題との関連を、長期時系列データや国際比較データを駆使して詳細に分析。将来を見据えた冷静で建設的な政策論議に向け、確かな知的基盤を提供する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 政策論議とそれを支える事実(エビデンス)
  • 第1部 社会保障費用統計の成り立ちと実際(社会保障の成り立ちと費用統計の歴史
  • 社会保障費用統計の定義と構成)
  • 第2部 日本社会の変容と社会保障(社会保障費用の動向
  • 我が国の人口動向と社会保障-過去から現在までの期間
  • 人口構造の変化と社会保障制度改革-社会保障費用統計の動向から
  • 少子化と人口学的要因
  • 我が国の少子化政策の変遷と家族関係社会支出の推移
  • 日本の雇用保険制度と雇用政策)
  • 第3部 日本の社会保障制度の課題と展望(国際比較の意義と実際
  • 先進国における高齢化と社会支出の動向-収斂と多様化
  • 女性の就業率、家族支援策と出生率-OECD加盟国における国際比較
  • 国民経済計算(SNA)と社会保障費用統計を用いたマクロ計量分析
  • 人口の将来推計と社会保障-日本の将来推計人口の見通しと社会保障制度に与える影響)
  • 事実(エビデンス)に基づく政策研究の展望-本書の概要と位置づけ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 社会保障費用統計の理論と分析
著作者等 伊藤 善典
佐々井 司
佐藤 格
勝又 幸子
国立社会保障・人口問題研究所
国立社会保障人口問題研究所
小塩 隆士
竹沢 純子
藤井 麻由
藤原 朋子
西村 周三
金子 隆一
書名ヨミ シャカイ ホショウ ヒヨウ トウケイ ノ リロン ト ブンセキ : ジジツ ニ モトズク セイサク ロンギ ノ タメ ニ
書名別名 事実に基づく政策論議のために
シリーズ名 国立社会保障・人口問題研究所研究叢書
出版元 慶應義塾大学出版会
刊行年月 2014.3
ページ数 311p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7664-2126-2
NCID BB15239994
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22391179
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想