越境する家族社会学

渡辺秀樹, 竹ノ下弘久 編著

[目次]

  • 第1部 性別役割分業とワーク・ライフ・バランス(国際比較からみた日本の少子化・家族・政策
  • 性別役割分業意識の多元性と男性の育児参加 ほか)
  • 第2部 教育と親子関係(教育機会の不平等と教育選択の責任の所在
  • 家族研究から社会学の一般理論へ-家族研究者としてのブルデュー)
  • 第3部 構築される家族、ジェンダー、セクシュアリティ(構築主義的家族研究の可能性-アプローチの空疎化に抗して
  • 対話的自己と臨床のナラティブ-家族の葛藤を乗り越えたある女性の事例から ほか)
  • 第4部 グローバル化と家族(グローバルな越境移動と子どもの教育-日本に居住する国際移民の事例から
  • トランスナショナルな空間に生きる「新2世」のアイデンティティ-家族との関わりに注目して ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 越境する家族社会学
著作者等 三浦 直子
中澤 渉
大貫 挙学
小倉 康嗣
松木 洋人
松田 茂樹
渡辺 秀樹
渡邊 秀樹
瀬地山 葉矢
竹ノ下 弘久
藤田 結子
裴 智恵
西村 純子
長野 慎一
小保方 晶子
書名ヨミ エッキョウ スル カゾク シャカイガク
出版元 学文社
刊行年月 2014.2
ページ数 257p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-7620-2432-0
NCID BB15229935
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22384905
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想