「アイドル」の読み方

香月孝史 著

AKB48、ももクロ、『あまちゃん』などに象徴されるように、アイドルが一過性のブームではなく、ある種の文化として根づきつつある日本社会。ファンにとどまらず多くの人々がアイドルをときに熱く、ときに冷ややかに語るが、過剰な語りの渦に巻き込まれて、私たちは彼女たちの魅力をつかみ取れなくなってはいないだろうか。本書ではまず、アイドルという言葉の意味が多様であるにもかかわらず、「アイドルらしさ」のイメージは社会で共有されているという奇妙な状況を確認する。そして、アイドルたちが「らしさ」との距離をとりながら「アイドルらしからぬ」「アイドルを超えた」パフォーマンスを見せ、ときにはあえて「らしさ」を体現して、SNSや「現場」で通じてファンと共同で今日的なアイドル像を更新している現状を観察する。そのうえで、SNSや現場でパーソナリティを掛け金として絶えず開示するアイドルと、彼女たちに承認欲求などを投影するファンとのコミュニケーションの往還が「アイドルという芸能ジャンルの特性」だと分析する。アイドルをめぐる言説を冷静に見定め、アイドルを語る言葉をバージョンアップする文化批評。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 アイドルという言葉(「国民的」か「一部の熱狂」か
  • 誰でも語りうるものとしてのアイドル
  • 何がアイドルと呼ばれるか
  • 「アイドル」の不確かさ)
  • 第2章 アイドルらしさをめぐって(アイドルの語りやすさ
  • アイドルの主体
  • "操り人形"としてのアイドルの歴史
  • 「アイドルになる」を選び取ること
  • 「アイドルらしさ」とは何か)
  • 第3章 音楽としての「アイドルらしさ」("低級"音楽としてのアイドル
  • アイドルのパーソナリティと音楽性
  • 「アイドルらしからぬ」は更新されるか)
  • 第4章 アイドルの「虚」と「実」を問い直す(「饗宴」から考える
  • アイドルのパーソナリティがコンテンツになること
  • 「表」と「裏」の狭間にあるもの
  • 人格を承認しあうコミュニケーション
  • ネガティブさを捉え返す契機)
  • 第5章 「場」としてのアイドル(本書の要旨-アイドルとは何か
  • アイドルと恋愛
  • 饗宴としてのアイドル)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「アイドル」の読み方
著作者等 香月 孝史
書名ヨミ アイドル ノ ヨミカタ : コンラン スル カタリ オ トウ
書名別名 混乱する「語り」を問う
シリーズ名 青弓社ライブラリー 81
出版元 青弓社
刊行年月 2014.3
ページ数 211p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-7872-3372-1
NCID BB15216514
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22390377
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想