日中食品汚染

高橋五郎 著

国籍・原材料不明の加工食品が増えている。中国産ホウレン草が野菜エキスとなって輸入され、他の食材や添加物と混ざり、冷凍食品として日本で売られる。断ち切れない汚染連鎖の実態、日本の甘い検査体制に警鐘を鳴らす。解決策はあるのか?チキンエキス、カレールー、麻婆豆腐の素、チョコレート、昆布粉末…「中国産」と表示されない恐怖。がんマップ付。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 見えない食品の恐怖
  • 第2章 中国の食品汚染地図
  • 第3章 食品汚染のヒトへの影響
  • 第4章 なぜ汚染の連鎖は絶ち切れないのか
  • 第5章 重金属汚染という難題
  • 第6章 日本産食品は安全といえるか

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日中食品汚染
著作者等 高橋 五郎
書名ヨミ ニッチュウ ショクヒン オセン
シリーズ名 文春新書 962
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.3
ページ数 258p
大きさ 18cm
ISBN 978-4-16-660962-8
NCID BB15188394
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22387045
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想