宮本常一講演選集  4

宮本常一 著 ; 田村善次郎 編

宮本常一の膨大な仕事のなかでも自らの生い立ちにつながる島嶼振興にかかわる仕事は、戦後から最晩年までを貫くものであった。島の青年を愛情を込めて鼓舞する「後継者の育成と推進員の社会的使命」、自らの離島振興の仕事を振り返った「本土における離島振興について」、最晩年に郷里、周防大島で島民に語った「よりよい郷土をつくるために」、さらに県内のことごとくを歩いた経験をもとに、広島県中山間部・三次市で、地域文化の自主性を説いた「中国地方の文化と生活」など、10編の講演を収める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 離島をよくするためには
  • 種子島の開発構想
  • 島の開発と青年の役割
  • 後継者の育成と推進員の社会的使命
  • 本土における離島振興について
  • 離島の生活と文化
  • 中国地方の文化と生活
  • よりよい郷土をつくるために-郷土会発会式記念講演
  • 離島における定住環境整備のために
  • 郷土大学開校記念講演

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 宮本常一講演選集
著作者等 宮本 常一
田村 善次郎
書名ヨミ ミヤモト ツネイチ コウエン センシュウ
書名別名 郷土を見るまなざし : 離島を中心に

Miyamoto tsuneichi koen senshu
巻冊次 4
出版元 農山漁村文化協会
刊行年月 2014.3
ページ数 328p
大きさ 20cm
付随資料 8p.
ISBN 978-4-540-13144-8
NCID BB1514278X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22389876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想