マイホーム神話の生成と臨界

山本理奈 著

高度成長期以降の日本社会と人々のライフスタイルに起きた根底的な変化とは何か。住宅の商品化の進展と居住者像の変容を豊富な資料・データから分析し、"マイホーム"に関わる産業と人々によって"生きられる経験"を論じる新たな現代日本社会論。住宅を分析する問題構成の場を近代家族論から消費社会論へと移し、「脱nLDK論」をめぐる社会学と建築学の齟齬を乗り越える視座を提示するなど、住宅社会学の豊かな可能性を体現する一書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 現代社会への問いとしての「住宅」
  • 第1章 住宅という「商品」-戦後日本における住宅の商品化
  • 第2章 脱nLDK論の陥穽からどう脱するか-社会学と建築学に共通の問題構成へ
  • 第3章 マイホームの神話作用-住宅広告と生きられる経験
  • 第4章 マイホーム神話の臨界-「LDK」空間の変容と居住者像の変容
  • 終章 住宅社会学の可能性に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マイホーム神話の生成と臨界
著作者等 山本 理奈
書名ヨミ マイ ホーム シンワ ノ セイセイ ト リンカイ : ジュウタク シャカイガク ノ ココロミ
書名別名 住宅社会学の試み
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.2
ページ数 274,22p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-00-024818-1
NCID BB15136222
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22381608
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想