「想定外」の罠

柳田邦男 著

なぜ「想定外」という免罪符がまかり通る日本になったのか?福島第一原発の事故調査・検証委員も務めた著者が、50年にわたり、あらゆる被災地を歩き、見て、分析しつづけた警鐘の集大成。広島・長崎の原爆から、チェルノブイル、スリーマイル、東海村臨界事故、阪神・淡路大震災、新潟県中越地震まで。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 絶対安全神話の崩壊-東日本大震災からの警鐘
  • 第2章 放射能が世界にバラまかれた日-チェルノブイリからの警鐘
  • 第3章 炉心溶融-スリーマイル島からの警鐘
  • 第4章 臨界事故-東海村からの警鐘
  • 第5章 原爆被災の記録-広島からの警鐘
  • 第6章 防災の思想とは何か-災害王国からの警鐘
  • 第7章 大災害は必ず「常識」を覆す-阪神・淡路大震災からの警鐘
  • 第8章 復興へ希望の灯-新潟県中越地震・スマトラ沖大地震からの警鐘

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 「想定外」の罠
著作者等 柳田 邦男
書名ヨミ ソウテイガイ ノ ワナ : ダイシンサイ ト ゲンパツ
書名別名 大震災と原発

Soteigai no wana
シリーズ名 文春文庫 や1-22
出版元 文藝春秋
刊行年月 2014.3
ページ数 387p
大きさ 16cm
ISBN 978-4-16-790061-8
NCID BB15125259
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22379901
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想