図説人体イメージの変遷

坂井建雄 著

現存する最古の解剖図/レオナルド・ダ・ヴィンチの解剖手稿/江戸時代の腑分け図/蝋細工の解剖模型…古今東西の解剖図譜から読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 黎明期の人体イメージ-古代から16世紀まで(人体を表現する試みが始まる-文章と単純な図による表現
  • ルネサンスの芸術家が人体を解剖する-ミケランジェロとレオナルド
  • 印刷と芸術を用いて人体が表現される-ヴェサリウスの『ファブリカ』
  • 人体を探求し表現する試行錯誤-ヴェサリウスを超えるための試み)
  • 2 成熟する人体イメージ-17世紀から18世紀まで(情念を表出し理念を解放する-古典の崩壊とバロック
  • 人体への探究を深化させる-人体表現のリアリズム
  • 理性に基づいて普遍と理想を求める-啓蒙思想と博物学
  • 人体を社会に向けて表現する-解剖標本、蝋細工)
  • 3 多様化する人体イメージ-19世紀から現代まで(臓器の病的な変化を表現する-柔らかな陰影を表現するリトグラフ
  • 人体を体系的に理解する-木口木版画による図と文章の統合
  • 人体についての知を表現する-写真製版による表現力の拡大
  • 人体をありのままに見せる-医療画像と実物の迫真力)
  • 4 日本人の人体イメージ(死を描く-中世ヨーロッパの「死の舞踏」と日本の「九相図」
  • 腑分けの刑死体を描く-江戸時代の解剖図
  • 江戸時代の蘭学から明治のドイツ医学へ-西洋から医学を学ぶ
  • 遺体と解剖体の境目-欧米と日本の解剖体事情)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 図説人体イメージの変遷
著作者等 坂井 建雄
書名ヨミ ズセツ ジンタイ イメージ ノ ヘンセン : セイヨウ ト ニホン コダイ ギリシャ カラ ゲンダイ マデ
書名別名 西洋と日本古代ギリシャから現代まで

Zusetsu jintai imeji no hensen
シリーズ名 岩波現代全書 027
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.3
ページ数 232,6p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-00-029127-9
NCID BB15120299
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22398070
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想