茨木のり子詩集

茨木のり子 [著] ; 谷川俊太郎 選

青春を戦争の渦中に過ごした若い女性の、くやしさと未来への夢。スパッと歯切れのいい言葉が断言的に出てくる、主張のある詩、論理の詩。素直な表現で、人を励まし奮い立たせてくれる、"現代詩の長女"茨木のり子のエッセンス。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 『対話』
  • 『見えない配達夫』
  • 『鎮魂歌』
  • 『茨木のり子詩集』
  • 『人名詩集』
  • 『自分の感受性くらい』
  • 『寸志』
  • 『茨木のり子』(花神ブックス1)
  • 『食卓に珈琲の匂い流れ』
  • 『倚りかからず』
  • 『茨木のり子 言の葉3』
  • 『歳月』
  • 『茨木のり子全詩集』所収「「スクラップブック」から」より

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 茨木のり子詩集
著作者等 茨木 のり子
谷川 俊太郎
書名ヨミ イバラギ ノリコ シシュウ
シリーズ名 岩波文庫 31-195-1
出版元 岩波書店
刊行年月 2014.3
ページ数 397p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-00-311951-8
NCID BB15118297
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22383799
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想