音の考古学

荒山千恵 著

[目次]

  • 序章 考古学からみた「音」の世界
  • 第1章 研究史と研究方法-過去の音文化をどのように捉えるか
  • 第2章 気鳴系音響発生器具の検討-〓ケン)形土製品について
  • 第3章 打鳴系音響発生器具の検討-小型青銅製ベルについて
  • 第4章 絃鳴系音響発生器具の検討-篦形‐琴形木製品について
  • 第5章 音響発生器具の復元的検討-出土「琴」を対象として
  • 第6章 音の人類史-まとめと課題

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音の考古学
著作者等 荒山 千恵
書名ヨミ オト ノ コウコガク : ガッキ ノ ゲンリュウ オ サグル
書名別名 楽器の源流を探る

Oto no kokogaku
出版元 北海道大学出版会
刊行年月 2014.2
ページ数 255p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-8329-6789-2
NCID BB15095952
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22392092
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想