ぼくらの村からポリオが消えた

岡田実 著

「小児マヒ」の通称で知られるポリオ。日本においては1960年代にほぼ姿を消したものの、世界ではその後も猛威をふるい続けていた。なかでも、最も対応が急がれる国の一つだったのが、世界最大の人口と、貧しい農村地域を無数に抱えた中国だ。問題解決に乗り出した中国人と日本人の合同チームは、農村の深層に分け入り、ひたむきに真実を追究する。日中専門家の協力と国際社会からの支援によって、ポリオ撲滅の奇跡を達成した国際協力の記録。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • プロローグ 中国のポリオ撲滅への道
  • 第1章 山東省からの出発
  • 第2章 北方5省での本格展開と実験室診断ネットワークの構築
  • 第3章 北方5省の成果をハイリスク南方5省へ
  • 第4章 国境を越えて侵入するポリオウイルス
  • 第5章 なぜポリオを撲滅できたのか?
  • エピローグ 国境を越える感染症の脅威に、日中両国はどう立ち向かうのか?

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ぼくらの村からポリオが消えた
著作者等 岡田 実
書名ヨミ ボクラ ノ ムラ カラ ポリオ ガ キエタ : チュウゴク サントウショウハツ カガクテキ ゲンバ シュギ ノ コクサイ キョウリョク
書名別名 中国・山東省発「科学的現場主義」の国際協力

Bokura no mura kara porio ga kieta
出版元 佐伯印刷出版事業部
刊行年月 2014.2
ページ数 191p
大きさ 19cm
ISBN 978-4-905428-45-9
NCID BB15076095
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22454556
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想