市民の科学

高木仁三郎 [著]

公害、薬害、巨大事故。我々の与り知らぬところで進行し甚大な被害をもたらす悲劇はなぜ繰り返されるのか。それを防ぐため、専門的能力を持たない市民に何ができるのか。科学者として生涯、原発の危険性を訴えつづけた著者は、市民が独立して専門的批判の能力を維持・育成する方策を構想し、本書を遺した。三・一一後日本への最もポジティブな提言。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 市民の科学(市民と科学-序にかえて
  • 専門的批判の組織化について
  • 原子力資料情報室
  • プルトニウムと市民のはざまで)
  • 第2部 市民にとってのプルトニウム政策(プルトニウム利用政策を問い直す
  • プルトニウム軽水炉利用の中止を提言する-プルサーマルに関する評価報告
  • 解体核兵器からのプルトニウムをどう処分するか?)
  • おわりに 「市民の科学」のこれから-高木学校によせて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 市民の科学
著作者等 高木 仁三郎
書名ヨミ シミン ノ カガク
シリーズ名 講談社学術文庫 2228
出版元 講談社
刊行年月 2014.3
ページ数 257p
大きさ 15cm
ISBN 978-4-06-292228-9
NCID BB15066014
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22383015
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想