初歩からの生物学

松本忠夫, 二河成男 著

[目次]

  • 生物学を学ぶ意義
  • 生物の特性
  • 生物の誕生と歴史
  • 多様な生物の世界
  • 細胞:生命の最小単位
  • 生命活動を支える物質
  • 生体内の化学反応
  • 個体の統合と恒常性
  • 個体の再生産
  • 世代を越えた情報の伝達
  • 情報の交換(1)個体内の情報伝達
  • 情報の交換(2)個体間の情報伝達
  • 生物群集の成り立ち
  • 生き物としての人間

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 初歩からの生物学
著作者等 二河 成男
松本 忠夫
書名ヨミ ショホ カラ ノ セイブツガク
シリーズ名 放送大学教材
出版元 放送大学教育振興会 : NHK出版
刊行年月 2014.3
版表示 改訂新版
ページ数 229p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-595-31513-8
NCID BB15049230
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22386906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想