授業の心理学 : 認知心理学からみた教育方法論

栗山和広 編著

Part 1では、認知心理学の研究から明らかにされた教授・学習を行う際の基礎について述べている。Part 2では、子どもはどのように考え学習しているかという子どもの認知と、子どもの認知を考えた教科学習への指導について述べている。現在話題となっている学習に困難性をもつ子どもへの支援、授業形態、教育評価のあり方など、新しい理論や方法が現実に教室場面で役立つことを示した。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 教授・学習の基礎を学ぶ(教授・学習の理論的概観
  • 教室での動機づけ
  • 知識の構造と獲得
  • 学習観・メタ認知・批判的思考)
  • 2 認知心理学と教育実践の融合に向けて(数の理解と指導
  • 読解と作文の理解と指導
  • 科学的概念の理解と指導
  • 社会的認識と指導
  • 授業の形態
  • 学習困難をかかえる児童への教育的支援
  • 教育評価と授業)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 授業の心理学 : 認知心理学からみた教育方法論
著作者等 栗山 和広
書名ヨミ ジュギョウ ノ シンリガク : ニンチ シンリガク カラ ミタ キョウイク ホウホウロン
書名別名 Jugyo no shinrigaku
出版元 福村
刊行年月 2014.2
ページ数 235p
大きさ 21cm
ISBN 978-4-571-21040-2
NCID BB15030232
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
22373095
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本

掲載作品

この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想